のりものえほん

 「のりものえほん」という絵本の中に描かれているロープウェイのページです。縦25.5センチ×横18センチの大きさで、中は10ページにわたり当時の子供たちの憧れであっただろう乗物の絵が5種類載っています。発行日は記載されていませんが、絵の雰囲気からして昭和30年代頃と推測します。挿し絵は前田松雄氏。

『わーい ばんざい てんまで とどく めがまわりそだけど きもちが いいな わーい おもちゃみたいな バスがいる みんなで 三つとまってる かわが きらりと ひかってみえる くもが ふんわり ながれてく』

 2台のキャビンとも小学生でいっぱいである。何人かは日の丸の旗を振っています。誰も恐がっている子はおらず、みんな窓から身をのり出して喜んでいます。交走式のロープウェイを描いているようですが、キャビンの形はどちらかというと循環式のキャビン風なデザインです。ロープは4本描かれているので4線交走式ということになります。

「のりものえほん」

画 前田松尾

発行所 昭文社

当時の定価 35円
(2011年5月29日)

戻る
inserted by FC2 system